専業主婦は太る!自宅に居ながら痩せれるおすすめダイエット3選

 

結婚前の体型をキープできている専業主婦は、果たしてどのくらいいるのでしょう。

 

太ったように見えなくても、話を聞いてみると「独身の頃はもう少しやせていたのよ」という専業主婦は結構多いですよね。

 

どうして専業主婦は太ってしまうのでしょうか?

 

ここでは、専業主婦が太る理由、そして自宅に居ながら痩せられるダイエット法をご紹介します。

 

 

専業主婦が太る理由

 

仕事をしているときは周囲の目がありますが、仕事を辞めるといっきに緊張感がなくなります。

 

さらに、

  • 食べたいときに好きなだけ食べられる
  • 用事がない日はずっと家
  • ママ友やご近所さんと連日のお茶会
  • 育児ストレスでやけ食い
  • こどもが残したごはんをもったいないから食べる
  • 遅く帰ってきた夫の夕飯に付き合ってさらに食べる

など、専業主婦ならではの環境も手伝って、気付かないうちに太ってしまうのです。

 

 

食べる量は同じなのに太りやすくなった!?

 

以前と食べる量は変わっていないのに太りやすくなったと感じているひとはいませんか。

 

その理由は、簡単にいってしまうと、年をとって代謝が減ったから

 

代謝には主に、何もしないで寝ているだけでも消費する「基礎代謝」と体を動かすことで消費される「活動代謝」があり、どちらも年齢とともに減少します。
年をとって消費エネルギーが減ったのに、若い頃と同じ食事をしているから太るのです。

 

 

自宅でできるおすすめダイエット

 

ダイエットのベースは「よい食事をしっかりと摂ること」です。
食べないダイエットは下半身太りにつながり、老化が加速するのでおすすめできません。
また、「○○だけダイエット」などの食事制限ダイエットは、それを見ているこどもに悪影響を及ぼしますので避けたほうがいいでしょう。

 

これから3つのダイエットをご紹介します。
「健康的に」「楽しく」「簡単に」痩せたいひとにおすすめのダイエットですので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

健康的に痩せたい!オンラインパーソナルトレーニング

専属のトレーナーが個人に合ったプログラムを組んで指導してくれるトレーニングをパーソナルトレーニングといいます。オーダーメイドなので高い効果が期待できます。

 

パーソナルトレーニングを自宅に居ながらオンラインで受けられるのが「オンラインパーソナルトレーニング」

 

ここでは、料金的にも手軽に始められそうな『ソネトレ』を例にご紹介していきたいと思います。

 

◇ソネトレ
ソネトレは、インターネットサービスプロバイダーのSo-net(ソネット)が2016年2月から提供しているオンラインパーソナルトレーニングです。

 

月額利用料 2,500円(税抜) で

  • 目標や体力など詳細なヒアリングに基づいたトレーニングメニューの作成
  • 初心者でも分かりやすいトレーニング動画を見ながらのトレーニング
  • トレーナーからの日々の応援メッセージ
  • 月1回の振り返りと、振り返りを踏まえたトレーナーからのアドバイス

を受けることができます。

 

月に1回の振り返りのタイミング以外でトレーニング内容の相談をしたいときは、パーソナルカウンセリングをオプション(有料)で利用することも可能です。

 

オンラインパーソナルトレーニングは、ジムへ通う時間が取れないひとりでダイエットを続ける自信がない自己流ダイエットに失敗し続けてきた専業主婦にぴったりの健康的に痩せられるダイエットです。

 

オンラインパーソナルトレーニングのサービスはソネトレ以外にもいろいろありますので、ぜひ自分に合ったトレーナーを探してみてくださいね。

 

楽しく痩せたい!ダンスダイエット

どうせやるなら楽しくダイエットしたい!というひとにおすすめなのがダンスダイエットです。

 

好きな音楽を聴きながらおもいっきり体を動かすと、ストレス解消になります。
ダイエットと思うと続かなくても、ストレス解消のためなら続けやすいですよね。
長く続けられれば、その分ダイエット効果も期待できます。

 

また、幼いお子さんがいてダイエットのための時間がとれないという専業主婦でも、ダンスならお子さんと一緒にできるからうれしいですね。

 

ダンスダイエットのポイント

◇前後のストレッチ
できるかぎりダンスの前と後にはストレッチをしましょう。
ウォーミングアップのためのストレッチは、これから運動するよ~と体に伝えることで筋肉の可動域を広げたりけがを予防します。
クールダウン時のストレッチは、あがった息を整えてリラックスしたり、筋肉の疲れを残さないためにリラックスしてゆっくりと行います。

 

◇水分補給

熱い室内でのダンスをするとかなり汗をかきます。
汗をかくと体重が減って「やった~」と思うかもしれませんが、体の水分が抜けただけなので痩せたわけではありません。
水分補給はしっかりと行いましょう。

 

◇30分を目安に
ダンス時間は30分がひとつの目安です。
最初から30分間踊り続けようとすると体に負担がかかってしまいますので、様子を見ながら徐々に時間を延ばしていきましょう。

 

◇恥を捨てる

ダンスダイエットを初めても、うまく踊れないからという理由でやめてしまうひとがたくさんいます。
挫折しないためにも、お手本通りに踊らなきゃいけないと思わないでください。
できなくても格好悪くても構わないという気持ちで始めましょう。
恥ずかしいなんていう気持ちは捨てちゃってくださいね。

 

ダンスダイエットの始めかた

ダンスダイエットは、DVDでもYoutubeでもなんでもいいので好きなダンス動画を真似するだけでいいのです。
ヒップホップ、ベリーダンス、フラダンス、エアロビクス・・・ダンスの種類は何でもOK。アイドルのPVを真似してもいいですし、TRFのイージー・ドゥ・ダンササイズでも、たまには自由にめちゃくちゃダンスでも面白いですね。

 

いろんな曲を踊って飽きないようにしつつ、自分に合ったダンスを見つけてみてください。

 

とにかく簡単に痩せたい!正しい姿勢をキープ

わざわざ時間を作って、道具を準備して、汗をかいたからシャワーを浴びて・・なんて面倒でやってられない!ダイエットお金をかけるなんて無理!

 

そんなあなたでも、正しい姿勢をキープするだけでダイエットなるとしたらどうでしょうか。できる気がしてきませんか?

 

姿勢が悪いとどうなるの?

パソコンやスマホを使う機会が多くなった今、無意識のうちに猫背になっているひとが多いそうです。
猫背は見た目が悪いだけでなく、体の重心がずれることで肩こり頭痛腰痛を引き起こしたり、自律神経のバランスを崩し、お肌にも悪い影響を及ぼします。
片方の足に体重がかかっている、足を組んで座ることが多い、ヒジをよくつくひとも体がゆがんでしまうためよくありません。

 

正しい姿勢でいると、しっかりと筋肉が使われ、血液やリンパの流れがよくなるので、代謝があがります。
代謝が高いと脂肪が付きにくい、脂肪が燃えやすい体になるため、ダイエット効果が期待できます。

 

正しい姿勢の作り方

では、正しい姿勢を保つにはどうしたらいいのでしょうか。

 

◇立ち姿勢

壁を背にして立ち、つま先をひろげます。
頭、肩、おしり、ふくらはぎ、かかとの5箇所を壁につけます。
腰と壁の間には手のひらが1枚入る隙間が理想的。
お腹とおしりに力を入れてまっすぐ前を向きましょう。

 

◇座り姿勢
前かがみの状態でお尻をイスの一番奥につけてから体を起こします。
このように座ることで骨盤が立ち背骨が伸びます。
骨盤が立つ感覚がつかめたら、イスに浅く座ったときも同じように骨盤を立てて座るようにしましょう。

 

◇歩き姿勢
かかとからつま先へと重心を移動させ、親指で蹴って歩きます。
その際、お腹とお尻に力を入れ、上からひっぱられているイメージを持ちましょう。
ただし、ウォーキングのときは足裏全体を地面につける歩き方の方がひざや腰の負担が軽いので良いとされています。

 

ぜひ正しい姿勢を習慣化して内側からもキレイになりましょう!
すぐに習慣化するのは難しいと思いますので、気付いたときに姿勢を正すことから始めてみてくださいね。

 

 

専業主婦と消費者金融はは総量規制ゆえお金を借りることができませんが銀行カードローンは別です。銀行カードローンは総量規制対象外のため専業主婦でも借りれるカードローンが存在します。専業主婦がカードローンを使用するときはしっかり考えましょう!

専業主婦でも借りれるカードローン