専業主婦の年金はどれくらい?

 

年金は老後の生活を助けてくれる大切な存在。
これは専業主婦にとっても同じですよね。

 

将来どれくれいの年金を受け取ることができるのか、とても気になるところです。

 

ここでは、専業主婦の年金受給額、そして、しっかり年金をもらうために専業主婦が知っておくべきことについてお話ししていきたいと思います。

 

 

専業主婦の年金制度って?

専業主婦が加入するのは国民年金です。
国民年金には「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類あり、次のように分けられます。

第1号被保険者 自営業者や農業者とその家族、学生、無職のひとなど、第2号、第3号でないひと。1か月当たりの保険料は16,490円(平成29年度)。
第2号被保険者 会社員、公務員など厚生年金、共済に加入しているひと。厚生年金、共済の保険料以外に負担をする必要はない。
第3号被保険者 第2号に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者。保険料は配偶者が加入している厚生年金、共済組合が負担するので支払う必要はない。

 

専業主婦の年金は、ご主人の職業(加入している年金)によって違います。

 

自営業者の妻の専業主婦Aさんは「第1号被保険者」、会社員の妻である専業主婦Bさんは「第3号被保険者」となります。

 

Aさんは保険料を支払わなければなりませんが、Bさんは保険料を支払わなくていいのです。

 

仮に、Aさんが国民年金保険料16,000円を12か月×40年間払ったとすると768万円。
Bさんが納付期間中ずっと会社員の妻として専業主婦をしていたら、保険料は0円ですからとても大きな差ですよね。

 

では、受け取る金額はどうなのでしょうか。見ていきましょう。

 

 

老齢基礎年金の満額は同じ!

 

結論から言うと、Aさん、Bさんどちらも同じ金額の年金が受け取れます。

 

平成29年度の年金額は、満額で779,300円です。
12で割って月額にすると64,941円ですね。

 

Aさんからすると、700万円以上も多く払ったのに年金額が同じだなんて、かなりの不公平感がありますが、今の制度上はこういうものなんだと思うしかありません。

 

 

年金額は納付済み月数と免除月数で決まる

 

20歳から60歳になるまでの40年間の全額保険料を納めると満額の老齢基礎年金を受け取ることができますが、納付しなかった月や免除されていた月があると減額されます

 

また、受給開始の繰り上げ、繰り下げでも年金額は変わります。

 

 

結婚するまで会社員だった。そのときの年金は?

日本に住む20歳以上のひとが加入しなければならない公的年金は、みんなが加入する国民年金(基礎年金)と、会社員などが加入する厚生年金の2階建てになっています。

 

公的年金とは別に任意で加入するのが私的年金で、確定拠出年金や厚生年金基金、国民年金基金などがそれにあたります。

 

結婚する前までは会社員で厚生年金に入っていたということでしたら、多くはありませんがその分も年金を受け取ることができます。

 

また、国民年金の付加年金を納めていたり、国民年金基金や確定拠出年金などの私的年金に加入したりしていればその分が上乗せされます。

 

 

自分の受給額を調べる方法

「で、わたしの年金はいくらなの?」と、モヤモヤしますよね~。

 

ここまで読んでいただければお分かりかと思いますが、年金制度はとても複雑で、いくら年金が受け取れるのかはひとによって違います。

 

今の年金制度がずっと続く保証もないのでモヤモヤを完全に晴らすことはできないのですが、下の方法で、老齢基礎年金および老齢厚生年金の見込額を試算することができます

 

◇ねんきんネット
日本年金機構のねんきんネットでは、現在と同じ条件で60歳まで年金に加入した場合や働き方を変えた場合、年金を受け取る年齢を変更した場合など、いろんな条件で年金見込額を試算することができます。
ねんきんネット年金見込額試算:
http://www.nenkin.go.jp/n_net/n_net/estimatedamount.html

 

◇ねんきんダイヤル(50歳以上の方)
日本年金機構のねんきんダイヤルへ電話をして、個人記録に基づいた年金見込額を試算し、郵送にて回答してもらえます。
ねんきんダイヤル:
0570-05-1165 もしくは 03-6700-1165

 

◇電子申請(50歳以上の方)
個人記録に基づいた年金見込額の試算を電子申請で手続きすることができます。試算結果は電子文書で届きます。
年金加入記録照会・年金見込額試算:
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/20140714.html

 

※1 ただし、上記では、共済組合が支給する年金見込額の試算はできません。

 

 

要注意!年金がもらえないかも?!

厚生労働省(※2)によると、厚生年金保険の女性受給権者の年金月額の平均は 10万2,131円、国民年金の女性受給権者の年金月額の平均は 5万2,339円。
専業主婦の年金は、会社員の女性のおよそ半分です。

 

さらに!この少ない年金さえももらえないという事態に陥ってしまう専業主婦が続出しているそうなんです。

 

第3号被保険者の不整合記録問題

結婚当初、会社員の妻だった専業主婦Cさんは、第3号被保険者なので保険料を払っていませんでした。

 

間もなくして、ご主人が転職し自営業者になりました。

このときCさんは第1号被保険者になったのですが、役所に届け出をしなかったので年金記録上はずっと第3号被保険者のままで、ずっと保険料の支払いをしませんでした。

 

ある日、Cさんがいくら年金がもらえるのかを調べてみたら、保険料の未納期間が長くて年金を受け取れないことが判明しました!

 

このように、届け出をしなかったことで年金記録と実際の状態が違っていることが後になって判明するケースが問題になっています。

 

第3号→第1号はしっかり届け出を!

Cさんのように年金が受給できなくなったり、年金額が少なくなったりする恐れがあるので、被保険者の資格が変わるときには届け出を忘れないようにしましょう

 

第3号被保険者から第1号被保険者への変更の届け出が必要になるのは、次のような第2号被保険者の扶養から外れた場合です。

・会社員、公務員だったご主人が
 自営業になった、退職した、65歳を超えた、亡くなった、離婚した
・パートなどの収入が被扶養者の認定基準を超えた

 

※2
平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況 厚生労働省年金局より
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/H27.pdf

 

 

年金の不安を解消するためにできること

 

夫婦の年金を合わせても心細い、どうにかして将来受け取れるお金を増やしたいという場合は、個人年金、個人型確定拠出年金、厚生年金基金などに加入することを検討するかもしれません。国民年金基金や付加保険料の納付という方法もあります。

 

いずれにしても、まずは保険料をしっかり納めて年金の受給資格を得ることが大切です。

 

また、保険料の免除を受けた期間があると年金額が減ります。10年前までさかのぼって納めることができますので追納の申込みをしましょう。

 

今までの納付状況が分からないようでしたら、ねんきんネットに登録し年金記録を確認することから始めてみましょう
ねんきんネット:https://www.nenkin.go.jp/n_net/

 

 

専業主婦と消費者金融はは総量規制ゆえお金を借りることができませんが銀行カードローンは別です。銀行カードローンは総量規制対象外のため専業主婦でも借りれるカードローンが存在します。専業主婦がカードローンを使用するときはしっかり考えましょう!

専業主婦でも借りれるカードローン